保険ショップって実際どうなの?がわかる。豊富な口コミ評判とランキングで失敗しない保険相談を支援します。

新着の口コミ評判

    利用者が多い保険ショップ

  • ほけんの窓口
    ほけんの窓口グループは全国で500超の店舗を展開する国内保険ショップの大手。約35社の保険商品を取扱い、累計の保険相談数の実績も100万件を超えている。ほけんの窓口の保険..
  • 保険見直し本舗
    全国に約220店舗を展開している保険ショップの準大手。保険アドバイザーの約90%が女性で、約40社もの保険商品の中から生活や予算に合わせた保険を提案。累計相談実績は80万件..
  • 保険クリニック
    国内で初めて来店型の保険ショップをオープンさせた先駆けのブランドと言われ、独自の保険分析、検索システムである「保険IQシステム」を活用した、わかりやすいビジュルのリス..
  • みつばちほけん
    みつばちほけんは全国で約100店舗を展開する国内保険ショップの中堅。取扱う保険商品数は約30社と業界標準クラスで、積極的にショップ数を拡大。現在は来店型のみの対応と..
  • イオン保険ショップ
    全国の主要なイオンの店舗の一角にある事が多く、店舗数としてはみつばちほけんと同等程度となっている。業界上位の保険ショップと比較すると、取扱い保険会社数が少なめと..
  • ほけん選科
    2015年8月にみつばちほけんから分社する形で立ち上げられた新たな保険相談窓口のブランドが「ほけん選科」。事実上はみつばちほけんが2つに分裂する形で誕生した経緯がある..
  • ほけん百花
    住友生命が100%出資している保険ショップブランドで、首都圏を中心に関西、東海を合わせて約70店舗を展開。約25社の保険を取扱っており、女性相談スタッフの比率も比較的..
  • 全労済の共済
    毎月の掛け金が割安なため、一般の保険とも比較検討される事が多い共済。全労済のこくみん共済やマイカー共済、住まいる共済は加入件数で合計3,262万件(2015年実績)、総..

みんなが知りたい保険のこと

    保険ショップに関するよくある質問

  • 保険ショップってどんな所?何のメリットがあるの?
    保険ショップとは生命保険や医療保険、学資保険などをはじめとした、個人や家族の人生に必要な様々なタイプの保険の相談が無料で行えるお店です。「ほけんの窓口」や「保険見直し本舗」「保険クリニック」などに代表されるこれらのお店は来店型保険ショップ(保険相談窓口)と呼ばれ、保険に関する疑問や悩みを気軽に相談できる窓口として近年人気を集めています。

    保険ショップの大きな特徴としては、特定の保険会社の商品だけに限らず、様々な保険会社の商品の中からそれぞれを比較しながら選ぶ事ができる点です。また、一般的には理解が難しい保険の仕組みや種類、商品ごとの違いやメリット、デメリット等の知識をゼロから丁寧に無料で教えてもらう事もできます。これまで何となく勧められるがままに加入していた保険も、保険ショップでしっかりと説明を受け、教えてもらう事で、無駄のない保障内容に加入できたり、保険料の支払いを減らす事ができるなどのメリットもあります。
  • 保険ショップの利用って本当に無料なの?
    「ほけんの窓口」「保険見直し本舗」「保険クリニック」等に代表される来店型の保険ショップは、無料で相談でき、専門家であるプロから希望条件に基づいた提案や、個々の事情に合わせたアドバイスが受けられるのが大きな特徴です。近年はこういった無料で相談できる来店型保険ショップが保険選びの中心的な役割を担うようになってきており、全国各地に保険ショップが増えてきています。

    そもそも、なぜ保険に入っておく必要があるのか納得できるように教えて欲しい、保険がたくさんあり過ぎて自分で調べてもよくわからない、保険会社から勧められた商品は本当にお勧めなのだろうか?就職や結婚、出産などのタイミングなので、きちんとした保険に入っておきたい、新たに家を購入したから、火災保険も含めて保険全般を見直しておきたい。そんな要望やきっかけを持った多くの方々が、全国各地の身近な保険ショップを利用するようになってきています。無料で相談できるのは最大のメリットでもあるのです。
  • 保険ショップって、無理に勧誘してくる不安はない?
    初めて保険ショップを利用する場合、多くの人が気にするのが「無理に保険勧誘されないか不安」という問題です。特に保険会社の外交員に強く勧められ、仕方なく保険に加入したという経験を持っている人の場合は、こういった不安を気にするケースも多いです。しかし、来店型保険ショップが支持を集め、全国各地に増加している背景には、無理な勧誘を受けずに深く相談ができるという点が挙げられます。

    特定の保険会社の商品だけでなく、取り扱う様々な保険会社の商品の中から、自由に比較しながら選ぶ事ができる、それぞれの見積もりを取ってその場ですぐには決めず、自宅に持ち帰ってからしっかり検討する、こういった事が当たり前にできるのがいわゆる保険ショップです。あくまでも選ぶ側が主役となって、必要なアドバイスを得ながら自分自身のタイミングで保険を決める事ができる、それが保険ショップの特徴であり、利用する上でのメリットにもなっています。
  • 保険ショップ同士にどんな違い、差があるの?
    今や全国各地には多数の保険ショップ(保険相談窓口)があり、店舗数も年々増加していますが、保険ショップごとに「取り扱う保険会社数」や「保険商品数」に違いがあります。例えば国内、外資系の保険会社を問わず、35社分もの保険を網羅している保険ショップもあれば、20社分程度の取り扱いという保険ショップもあり、選ぶ保険ショップ次第でそもそもの保険の選択肢(母数)も変わってきます。

    また、相談者自らが店舗に足を運んで相談する、来店型と呼ばれる保険ショップの中でも、自宅や最寄りの場所まで出張して相談に応じてくれるショップもあります。特に育児中で手が離せない主婦の方などは出張相談を希望するケースも多く、これらに対応してくれる店舗かどうかも選ぶ際のポイントになります。また、保険ショップの担当者との相性や信頼感も保険ショップ選びの大きなポイントとなるため、もし不安を感じる場合は複数の保険ショップに相談してから判断するのもお薦めです。
  • 保険ショップって、なぜ事前の予約が必要なの?
    保険ショップは一般的に「事前予約制」という仕組みで無料保険相談を行っています。保険選びに慣れていない利用者の場合、すぐその場で必要な事だけを聞きたいと考えがちですが、個々の保険商品の内容を断片的に回答し、言葉足らずとなってしまう事で、誤解を生んでしまったり、間違った理解を生んでしまう可能性も出てきて、最終的には利用者側が損をしたり、不利益を被る可能性も出てしまいます。

    そういった背景から、そもそもの保険の仕組みや種類、個々の事情や要望に応じた選び方のコツなどをしっかりと理解してもらい、比較検討しながら納得できる、失敗しない保険選びを行ってもらうという考えから、事前予約制というシステムで予約時間を確保し、個々の事情に応じたアドバイスを行っています。尚、予約は各保険ショップの公式サイトから簡単にネット予約ができるようになっており、ほけんの窓口などのサイトでは空き状況もチェックできるようになっています。
  • 保険の見直し相談に行く際、必要な持ち物はある?
    現在何らかの保険には加入しているものの、確認の意味も含めて保険ショップに見直しに行きたいという場合は、自宅に保存してある「保険証券」を相談日に持参するのが望ましいです。保険証券には加入している保険の名称はもちろん、被保険者名、保障内容、契約日等の重要な情報が記載されているため、プランナーにチェックしてもらう事が見直しの必要性を判断する上での重要なポイントになるからです。

    保険証券を持参してプランナーに見てもらう事で、相談自体がスムーズに進むのはもちろん、相談者の要望に応えるような保険が他にもあるのか、わざわざ解約して新たな保険に加入するメリットがあるのかなども、プランナー側で判断できるようになります。尚、相談者の加入状況次第では、今のところ見直しを行う必要性はない(変えずにOK)とアドバイスしてくれる場合もあります。保険ショップは現状の確認を行うだけでも利用できる有益な場所となっています。