保険ショップって実際どうなの?がわかる。豊富な口コミ評判、体験談評価で保険相談選びを支援します。

ほけんショップみんなの口コミ評判 > みんなが知りたい保険のこと > 保障のこと > 自然災害のせいで車が壊れた!自動車保険で自然災害被害の補償は受けられる?

自然災害のせいで車が壊れた!自動車保険で自然災害被害の補償は受けられる?

近年は大きな自然災害の発生が目立つように感じます。先日も茨城県常総市では大雨の影響で堤防が決壊し、甚大な被害が出たのは記憶に新しいところです。住宅や自動車がいとも簡単に流されてしまっている映像をテレビで目の当たりにすると、自然災害の恐ろしさを改めて感じさせられます。そこで今回は、豪雨等の自然災害によって、保有する自動車に損害が生じてしまった場合の保険の取り扱いについて、詳しく解説していきたいと思います。

0134.gif


自動車保険に加入していても、全てが補償される訳ではない

 

一般的な感覚では、自動車保険に加入していれば自動車に関する損害が何でも補償されると思われがちですが、残念ながらその全てが補償される訳ではありません。もし仮に支払う保険料が高くなってしまうとしても、あらゆる面で自動車に関する損害を補償してくれる方が、加入者側からすると分かりやすくて良いと思う事もあるのですが。豪雨災害や地震など、影響を受ける自然災害の種類に関しても、補償の対象・対象外といった事が細かく分けられており、ここでは次項でそれらを解説していきます。

 

自然災害の種類によって、補償の対象・対象外が決まっている

 

保有する自動車が自然災害で損害を被った際、その補償を受けるためには車両保険へ加入しておく事が必須になります。ただし前項でも記述させて頂いたように、発生した自然災害の種類によって、車両保険に加入していた場合であっても補償の対象外となってしまう事がある点には注意が必要です。

 

例えば「台風」「洪水」「高潮」などが原因で自動車に損害が出た場合、車両保険を付帯していれば補償の対象になります。しかし、「地震」「噴火」「津波」による損害は車両保険を付帯していたとしても補償対象外になります。

 

もし「地震」「噴火」「津波」の場合の補償を確保したいのであれば、あらかじめ別の特約に加入しておくなどの対応が必要になります。ちなみに車両保険は「一般車両保険(フルカバータイプ)」と「限定車両保険(エコノミータイプ)」の2種類に大別されますが、その詳細は以下の表の通りとなっています。

 

車両保険で受けられる補償の比較表

 

車両保険で受けられる補償の比較表

※上記の表は筆者作成によるもの

 

勘違いしていませんか?自動車保険は実損払いが原則

 

筆者は保険を売らないファイナンシャルプランナーという立場ですが、相談者の方のよくある勘違いの1つに「定額払い」というものが挙げられます。仮に保険金額300万円の一般車両保険に加入していたとします。そして車両保険の支払対象になるような損害が仮に生じた際、「300万円分が支払われる」と勘違いをしている人が実はかなり多くいるように思います。

 

ちなみに自動車保険というものは「実損払い」が原則になりますので、上記例のようにあらかじめ定まった金額が支払われる訳ではありません。この点については以下の続きを読んで頂くともう少しイメージしやすくなります。

 

仮に廃車寸前のような中古自動車を10万円で購入し、自動車事故を起こした際に300万円が支払われたとしたらどうでしょう?このような事が成り立つと、仕事をしなくてもお金が儲けられる仕組みになってしまい、犯罪が多発して世の中がおかしくなってしまいます。従って自動車保険というものは、実際の損害の大きさによって保険金が支払われる「実損払い」の仕組みになっているのです。

 

尚、実損払いのイメージとして分かりやすいのは自動車同士の衝突事故です。例えば、自動車の衝突事故が発生し、過失割合が50%だったとしましょう。その場合は保険金300万円に対して50%分が補償される事になるので、150万円が保険金として支払われるといったイメージになります。

 

今回のまとめ

 

今回は自然災害による自動車の損害の補償を受けるには、車両保険に加入しておく必要がある事はご理解頂けたと思います。車両保険というのは保険料も割高で、その中でも一般車両保険については限定車両保険よりも補償範囲が広い分、支払保険料も高くなるといった特徴があります。こういった点を踏まえると、ご自身が保有している自動車の価値や、住んでいる環境などを考慮して、車両保険の付帯、保険金額を改めて見直してみる事が大切です。

 

著者・SPECIAL THANKS

佐藤 元宣

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)。税理士事務所や社労士事務所といった専門家の下での勤務経験と保険代理店などの経験を活かした、若手の保険を売らない独立系FPとして秋田県を中心に活動。秋田県の子育て支援プロジェクトに唯一参加するFP、社会貢献活動にも積極的に参加。幅広い分野で相談に応じる

 

その他のお薦め記事

みんなが保険相談で選んでいるショップはどこ?
保険ショップは自宅の近くであればどこでも良い訳ではありません。比較できる保険会社数に違いがあったり、相談のしやすさで理解度や納得度が変わり、選ぶ保険や支払いにも影響を与えます。利用者が多いショップの比較ランキングに加え、窓口の選び方等もわかりやすく解説しています。
徹底比較!保険ショップ人気ランキング
地域で保険ショップを探す