保険ショップって実際どうなの?がわかる。豊富な口コミ評判、体験談評価で保険相談選びを支援します。

ほけんショップみんなの口コミ評判 > みんなが知りたい保険のこと > 種類のこと > 持病があっても入れる保険のことを詳しく知りたい!毎月の保険料が高いって本当?

持病があっても入れる保険のことを詳しく知りたい!毎月の保険料が高いって本当?

病気やけがで入院した際などに保障される医療保険。最近ではテレビCMで中高年の夫婦が登場し、糖尿病や持病がある人でも入れる保険があるといった内容のCMも流れています。このような保険を「引受基準緩和型保険」と言いますが、今回はこの引受基準緩和型保険の特徴や、一般の保険との違いについて、解説していきたいと思います。

0131.gif


持病があっても入れる保険→引受基準緩和型保険とは?

 

私たちが生命保険に加入する時は、現在の身体の状況や病歴について正しく申告を行います。これを「告知」といって、10項目程度の問に答え、何事もないと判断されれば、申込んだ保険会社の保険に加入できるといった流れになっています。このように、保険会社が保険の加入申込者に対してOKを出す事を、専門用語では「引受」と言います。

 

「引受基準緩和型保険」とは、保険会社が引受する保険の一定基準を低く設定する事で、一般保険に加入できない人に対しても、保険加入ができるようにしてある保険の事を言います。保険会社によって引受基準には違いがあるものの、引受基準緩和型保険の告知項目は3つから6つ程度となっています。これらの質問項目にすべて該当しない場合には、保険に加入できるといった仕組みになっています。ここで以下の図を見て頂くと、よりイメージが沸きやすくなります。

 

※以下はアフラックの引受基準緩和型医療保険「もっとやさしいEVER」の告知書を、同社ホームページから引用しています。

 

引受基準緩和型保険の告知書イメージ

 

引受基準緩和型保険の告知書イメージ

 

上記3つの質問事項に対してすべて「いいえ」であれば、加入ができるという事になります。

 

(注1)「入院」からは、正常分娩のための入院は除きます。
(注2)「手術」には、帝王切開・内視鏡手術・レーザー手術なども含みます。
(注3)「先進医療」には、歯科でおこなう先進医療を含みます。
(注4)「検査」とは、健康診断・人間ドックまたは医療機関を受診した結果、診断確定のためにすすめられた再検査・精密検査をいいます。

 

上記告知書の別表A

 

●糖尿病(高血糖や糖尿病の疑いを含む)●脳卒中※1 ●心筋こうそく ●狭心症 ●不整脈 ●気管支ぜんそく ●慢性気管支炎 ●慢性肝炎(慢性C型肝炎、慢性B型肝炎を含む) ●かいよう性大腸炎 ●クローン病 ●リウマチ、こうげん病※2 ●うつ病、神経症、パニック障害、不眠症(※3を含む)

 

上記告知書の別表B

 

●糖尿病の合併症(網膜症・眼底出血、腎症、下腿皮膚かいよう・えそに限る) 
●心臓病・動脈の疾患※5 (心筋こうそく、狭心症、不整脈、脳動脈瘤を除く)
●慢性腎不全(透析をうけたものに限る)
●慢性の呼吸器の不全(酸素療法をうけたものに限る)
●肺気腫、肺線維症
●肝硬変
●脳・神経の病気や異常※6
●認知症
●アルコール・薬物依存症
●そう病、そううつ病、統合失調症、その他の精神の病気や異常(うつ病、神経症、パニック障害、不眠症、※3を除く)
●免疫不全症
●原発性筋障害(※7を含む)

 

※1脳卒中とは、くも膜下出血、脳内出血、脳こうそくなどをいいます。
※2こうげん病とは、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、リウマチ熱、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、結節性多発動脈炎・結節性動脈周囲炎をいいます。
※3うつ病・神経症・パニック障害・不眠症の症状として現れたうつ状態
※4がん(悪性新生物)には、白血病・肉腫・骨肉腫・悪性リンパ腫などを含みます。なお、上皮内新生物は含みません。
※5心臓病・動脈の疾患には、心筋症、心肥大、心奇形、弁膜症、先天性心臓病、動脈瘤、動脈の閉塞・狭窄、動脈奇形などを含みます。
※6パーキンソン病、多発性硬化症、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などを含みます。自律神経失調症・肋間神経痛・三叉神経痛・顔面神経まひなどの末梢神経の病気、脳卒中、脳動脈瘤、頭痛、てんかんを除きます。
※7筋強直性障害、先天性ミオパチー、筋ジストロフィーなど

 

引受基準緩和型保険の商品名と保険会社

 

現在、多くの生命保険会社で引受基準緩和型保険を取り扱っていますが、ここでは引受基準緩和型保険の商品名と、取り扱っている保険会社名を紹介しておきたいと思います。ここでご紹介した商品名や保険会社がすべてではありませんので、あらかじめご了承下さい。

 

引受基準緩和型保険の商品名

 

支払保険料が高いって本当?一般の保険と金額を比較する

 

「引受基準緩和型保険」の保険料って高いの?ここはやはり気になる部分ですよね。以下で一般の保険と、引受基準緩和型保険の支払い保険料の違いを比較していきたいと思います。

 

(例)X社の保険に50歳女性が加入するとした場合(同条件)

 

支払い保険料の比較例

 

引受基準緩和型保険の保険料は、一般の保険と比べ、支払保険料が1.5倍から2倍程度かかると言われていますが、上記表の支払保険料を見ると、おおよそその通りである事が分かります。

 

今回のまとめ

 

専門家の立場から言わせて頂くと、引受基準緩和型保険を検討しているという事は、若いうちから良い保険に加入して備えていなかったという事の現れでもあります。やはり、病気にかからない若いうちから、しっかりとした保険に加入しておく事が大切。そんな風に思ってもらえるきっかけになれば幸いです。


著者・SPECIAL THANKS

佐藤 元宣

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)。税理士事務所や社労士事務所といった専門家の下での勤務経験と保険代理店などの経験を活かした、若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動。秋田県が行う子育て支援プロジェクトに唯一参加するFP、社会貢献活動にも積極的に参加。幅広い分野で相談に応じる個性派FP。

 

その他のお薦め記事

みんなが保険相談で選んでいるショップはどこ?
保険ショップは自宅の近くであればどこでも良い訳ではありません。比較できる保険会社数に違いがあったり、相談のしやすさで理解度や納得度が変わり、選ぶ保険や支払いにも影響を与えます。利用者が多いショップの比較ランキングに加え、窓口の選び方等もわかりやすく解説しています。
徹底比較!保険ショップ人気ランキング
地域で保険ショップを探す