保険ショップって実際どうなの?がわかる。豊富な口コミ評判、体験談評価で保険相談選びを支援します。

ほけんショップみんなの口コミ評判 > みんなが知りたい保険のこと > 種類のこと選び方のこと > 海外旅行保険はどんな時に必要?保険の選び方と重視すべきポイントとは?

海外旅行保険はどんな時に必要?保険の選び方と重視すべきポイントとは?

「海外旅行保険」という言葉は耳にした事があるものの、実際に利用した事はない。そもそもどんな時に必要なの?仮に保険に入るとしたら、どんな点に気をつけたらいいの?今回はそんな素朴な疑問について解説してもらいました。

0129.jpg


突然ですが、皆さんは「海外旅行」に出かける際、「海外旅行保険」に加入していますか?短期から中長期まで、旅行日数次第でも異なりますが、現地でトラブルが起こった場合は、日本国内でのトラブルに比べて代償がとてつもなく大きい事をご存知ですか?

 

極端な話かもしれませんが、万が一、海外旅行中に病気やケガで入院した場合などは、日本国内での医療費に比べ、莫大な医療費請求がなされます。もしこんな時のリスク回避策を取っていなかったとしたら、楽しいはずの海外旅行が一転してしまうだけでなく、思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。

 

今回はそのようなリスク回避に役立つ「海外旅行保険」の内容をはじめとして、正しい加入のアドバイスや注意点について、解説していきたいと思います。皆さんもきっと「海外旅行保険」に対する考え方が変わると思いますよ。

 

そもそも、海外旅行保険とは?

 

海外旅行保険とは、海外旅行のために自宅を出発してから帰宅するまでの間の、「ケガ」に対しての補償が受けられる傷害保険(損害保険の一種)です。ただし、ここでいう「ケガ」とは、

 

①激かつ②偶然の事故

 

が原因のものであり、これに関するものでなければ保険金が支払われる事はありません。ちなみに①の「急激」とは、突発的に生じた事故のことを言い、イメージとしては自動車事故のようなものです。そして②の「偶然の事故」とは、その言葉の通り、偶然で予測できない事故のことを言います。わかりやすくまとめると、海外旅行保険でいう「ケガ」とは体に対するケガではなく、「海外旅行中に生じた様々なトラブルに対応する保険」と考えた方がここでは適切です。

 

海外旅行保険の補償内容とは?

 

ほとんどの海外旅行保険で補償される内容は、以下の表の通りとなっています。

 

海外旅行保険の補償内容

※補償内容の「ケガ」の解釈は「海外旅行中に生じた様々なトラブル」です

 

よくある海外旅行中のトラブル事例

 

ここでは、よくある海外旅行中のトラブルを大まかに抜粋してみました。

 

・ 強盗(スリ・ひったくり・置き引きなど)

・ 詐欺(警官詐欺・両替詐欺など)

・ 病気(風邪・食中毒・デング熱など)

・ タクシー(悪質ドライバー・タクシー強盗など)

・ ロストバゲージ(飛行機へ搭乗した際に預けた荷物が出てこない)

・ ATM(お金が出てこない)

・ クレジットカード(スキミング)

 

海外旅行保険に加入していれば、上記のようなトラブルに対しての補償が受けられます。契約内容や加入する保険会社によっては、補償の対象外である場合もあります(ロストバゲージは必ずしも補償対象とは限らないなど)のでご注意ください。契約前に補償内容の確認をしておく事がとても重要です。

 

海外旅行保険に正しく加入するためのアドバイス

 

「海外旅行保険」に正しく加入するためのアドバイスを下記にまとめてみました。

 

支払い保険料だけでなく、補償内容を重視する

 

海外旅行保険における保険金の支払い傾向は、病気などによる多額の治療費用が実際の件数として多くなっています。入院などで長期滞在する事になった場合、補償日数がオーバーし十分な補償が受けられない事も考えられます。支払保険料だけで加入の判断をするのではなく、補償内容を重視するのが正しい加入の仕方です。

 

また、クレジットカードには海外旅行の際の補償が付帯されていますが、リスク回避のための補償としては不十分です。支払保険料が気になる方は、保有しているクレジットカードの補償金額を確認し、足りない部分について海外旅行保険を活用するなどの方法を合わせて検討してみるのも一策です。

 

救援者費用の部分の補償に厚みを持たせておく

 

命にかかわる病気などで、海外から日本へ緊急移送される場合も時にはあるかもしれません。この時にかかる救援者費用はとても高額になりますので、契約時はこの部分の補償に厚みを持たせるのを忘れないでください。

 

トラブルの際にはすぐに保険会社に連絡を

 

海外旅行中に万が一事故が発生した時は、すぐに保険会社や代理店などへ連絡するのを忘れないようにしましょう。事故から30日以内に連絡がなければ、保険金が支払われないといった場合もあるためです。

 

今回のまとめ

 

驚かれる人も多いのですが、実は各保険会社が取り扱っている海外旅行保険には、基本的な補償内容に大きな違いはほとんどありません。各社に支払保険料の違いがある理由としては、基本的な補償金額や補償される日数に違いがあるためです。

 

アドバイスの部分でも記述しましたが、海外旅行保険に加入する目的を考慮するのであれば、補償が十分でなければ最初から加入する意味はありません。支払保険料を気にしすぎるあまり、補償が不十分になってしまう事がないように気をつけましょう。


著者・SPECIAL THANKS

佐藤 元宣

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)。税理士事務所や社労士事務所といった専門家の下での勤務経験と保険代理店などの経験を活かした、若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動。秋田県が行う子育て支援プロジェクトに唯一参加するFP、社会貢献活動にも積極的に参加。幅広い分野で相談に応じる個性派FP。

 

その他のお薦め記事

  • 保険相談、予約して行った方がいいのはなぜ?

    保険相談の際、ほとんどの保険ショップでは事前の「予約」を推奨しています。しかしこれにはどういった背景、理由があるからなのでしょうか?保険を売らない立場である、独立系ファイナン...

みんなが保険相談で選んでいるショップはどこ?
保険ショップは自宅の近くであればどこでも良い訳ではありません。比較できる保険会社数に違いがあったり、相談のしやすさで理解度や納得度が変わり、選ぶ保険や支払いにも影響を与えます。利用者が多いショップの比較ランキングに加え、窓口の選び方等もわかりやすく解説しています。
徹底比較!保険ショップ人気ランキング
地域で保険ショップを探す